スポーツ整形外科

スポーツ整形外科を受診される方へ

スポーツ特有の怪我で、スポーツ活動中、身体に一回の大きな力が加わることによっておこるケガが「スポーツ障害」です。一方、繰り返すスポーツ動作で身体の特定部位が酷使されることによっておこる故障が「スポーツ障害」です。スポーツ障害は別名「使い過ぎ症候群」とも呼ばれます。
スポーツ障害もスポーツ障害も、一般の整形外科的傷害と異なることがあり、その診断・治療はスポーツ整形外科に長けた整形外科医にお任せ頂くのが安心です。

野球、テニス、バレーボール、バスケットボール、ラグビー、水泳、陸上競技などの運動をされている方で、運動中に怪我をされた方、身体に痛みを感じるようになった方々を診療しております。また、怪我をしにくい身体にする為のトレーニング方法やフォームチェックをご希望の方、治療を受けながら練習を続けたい方などもお気軽にご来院下さい。

スポーツ障害・障害の主な疾患

頚椎捻挫、頚椎椎間板ヘルニなど

腱板損傷、SLAP損傷、野球肩、肩関節脱臼など

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)、上腕骨内側上顆炎(野球肘)、離断性骨軟骨炎など

腱鞘炎、手根管症候群、TFCC損傷、舟状骨骨折、つき指など

急性腰痛症(ぎっくり腰)、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症など

股関節

単純性股関節炎、鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)など

半月板損傷 前十字・後十字靭帯損傷、内側・外側側副靭帯損傷、オスグッド病、ジャンパー膝、鵞足炎、腸脛靭帯炎、膝蓋骨脱臼・亜脱臼など

下腿・足

腓腹筋部分断裂(肉ばなれ)、シンスプリント、疲労骨折、足関節捻挫、アキレス腱周囲炎、アキレス腱断裂、足底腱膜炎、種子骨障害など

セルフコンディショニングについて

スポーツ障害では、セルフコンディショニングがとても重要です。
当院では、医師の診断に基づき、治療から復帰までのリハビリテーション指導を行っています。
セルフコンディショニングができるよう、ご自宅で可能なものも含め、専門的な見地から、各種リハビリテーション指導を行っております。


診療のご案内 保険診療 自費診療
問診票(初診用)
再診問診票
求人のご案内
ドクターズ・ファイル
つちはら整形外科クリニック 土原豊一のプロイズム
いしゃまち